業界情報

特養(特別養護老人ホーム)で働く看護師の仕事とは?必要なスキル、働くメリット・注意点を解説

記事掲載日:2020/12/03

特養(特別養護老人ホーム)で働く看護師の仕事とは?必要なスキル、働くメリット・注意点を解説

特養は特別養護老人ホームの略称です。介護職だけでなく、看護師もたくさん働いています。医療機関とは違った働き方やメリットがあり、人気の就職先の一つです。

今回は特養で働く看護師の仕事内容と働くために必要なスキル、そして働くメリットや注意点をまとめて解説します。

特養(特別養護老人ホーム)とは

特養は介護保険法にもとづく施設で、介護老人福祉施設とも呼ばれています。特別養護老人ホームは老人福祉法による名称ですが、中身は同じです。市区町村による直営型のほか、社会福祉法人による民間型の施設もあります。

常に介護を必要とする人が入居し、食事や入浴、トイレなどの介護を受けながら生活をする施設です。入所者100人につき医師は1人配置することとなっていますが、常勤・非常勤は問いません。そのため非常勤医師の場合は、毎日出勤していないことが多いです。

入居者はどんな方?

特養に入居できるのは、基本的に要介護3以上の人だけです。食事や排泄、入浴などの多くの場面で介護が必要となる人たちです。

食事や排泄などの生活する上で必要な身体介護や健康管理を受けながら、自分らしく生活するのが目的とされています。

入居期間は設けられていないため、終身利用を目的として入居する人も少なくありません。

老健・老人ホームとの違いは?

特養と似たような施設の中に老健(介護老人保健施設)と、老人ホーム(有料老人ホーム)がありますが、利用目的やサービス内容は異なります。

老健は在宅復帰を目的としたリハビリ施設です。そのため入居期間は3ヶ月~6ヶ月を目安としており、終身利用ができません。


一般的に老人ホームと呼ばれているものは、有料老人ホームのことです。民間型となっていることが多く、入居者は身の回りのことはある程度自分でできる人から、介護が必要となる人までさまざまです。

ホームごとに対象者や入居基準、提供されるサービスが異なります。

特養(特別養護老人ホーム)
運営:公営、または民営
介護度:要介護3以上
入居目的:自分らしく生活する
医師:常勤または非常勤(施設によって異なる)

●老健(介護老人保健施設)
運営:公営、または民営
介護度:要介護1~要介護5
入居目的:在宅復帰を目指す
医師:常勤

●老人ホーム(有料老人ホーム)
運営:民間
介護度:要支援1~要介護5(施設によって異なる)
入居目的:施設によっては終の棲家としている入居者もいる
医師:なし

特養で働く看護師の仕事内容

特養で働く看護師は、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。主なものを全部で3つ見ていきましょう。

利用者の健康管理や医療行為

まずは利用者の健康管理や医療行為です。

入居している人たちの血圧や体温などのバイタルチェック、口腔ケアなどのほか、内服薬の管理、軟膏の塗布、ケガに対する処置などを行います。

また医師の指示を受けて採血や点滴、投薬、たん吸引、褥瘡の処置などの医療行為も、特養で働く看護師の主な仕事です。

緊急時の対応

利用者の体調が急変した、または転倒などで大きなケガをした場合などの緊急対応もします。状況を冷静に判断して、病院搬送などの手配を行わなければいけません。

利用者の介護業務

食事や排泄、入浴などの介護業務は基本的に介護職が行いますが、勤務先によっては看護師もフォローに入ります。

特養の看護師にはコミュニケーション能力が必要

健康管理や医療行為をするためのスキルはもちろんのこと、特養の看護師にはコミュニケーション能力も求められます。

高齢者とのコミュニケーション

まずは高齢者とのコミュニケーションです。

特養は高齢者にとっての生活する場所。安心して毎日の生活を送れるように、関わるスタッフには円滑なコミュニケーション能力が求められます。

笑顔を絶やさずに話しかけて、相手からも話しかけやすい雰囲気を作ることが大切です。

介護職員や他職種とのコミュニケーション

介護職員や他職種とのコミュニケーションも重要です。

特養の仕事はチームワーク。看護師以外にもたくさんのスタッフが働いており、チームとなって仕事を進めていかなければいけません。
互いの業務内容を尊重し、情報交換を密にして仕事をすることが、利用者への良いサービス提供につながっていきます。

特養の看護師として働くメリット

医療機関ではなく、特養の看護師として働く主なメリットは次の3つです。

基本的に夜勤がない

一つ目は基本的に夜勤がないことです。24時間施設ではあるものの、夜間は看護師の配置義務がありません。
日勤中心のシフトのため、生活リズムを保って働けるでしょう。

オンコールはありますが電話対応で終わることが多く、実際に施設まで駆けつける機会は少ないです。

残業が少なく、定時で帰れる

残業が少なく、定時で帰れるのも大きなメリットです。利用者の多くは介護が必要であるものの状態は安定しているため、急変対応などは多くありません。
定時で帰れるので、プライベートを大切にしたい人にピッタリです。

体力的な負担が少ない

最後は体力的な負担が少ないことです。バイタルチェックや内服薬の管理、軟膏塗布などの健康管理が主な仕事なので、医療機関のように動き回ることがありません。

体力を大きく消耗することがないことから、ブランクのある人、または年配の人でも働きやすいでしょう。

特養の看護師として働く際の注意点

さまざまなメリットがある特養の看護師ですが、いくつかの注意点があるのでチェックしておきましょう。

看護師としてのスキルアップが難しい

特養で働くと看護師としてのスキルアップが難しいのが現状です。利用者の健康管理業務が多く、医療行為も採血や点滴、褥瘡処置などの限られたものばかりとなるため、看護スキルを磨く機会は少なくなってしまいます。

オンコールを要する施設もある

2つ目はオンコールを要する施設もあることです。担当回数は月5~10回ほどと、施設によって異なります。実際に電話対応や出勤対応をする回数は少ないですが、人によってはいつ連絡が来るか分からない状況で緊張するかもしれません。

入居者の最期に寄り添い、看取る覚悟が必要

最後は看取りです。特養は終身施設のため、施設で亡くなる高齢者もいます。利用者を看取る覚悟をした上で、看護師としてどのような看取り看護ができるのかどうかを考えることも重要です。

特養で働く看護師の給料はいくら?

ナースステップで特養勤務の看護師求人を調査したところ 、東京都で月給25万~35万円ほどでした。年収換算で400万~450万円ほどです。

夜勤手当てがない分、医療機関と比べると給料が安いところもありますが、生活リズムを保ちながら働けるのは魅力です。

またパートの場合は時給1,500円からが相場となっています。


2020年11月時点のナースステップ掲載求人をもとに平均値を出しています。

まとめ

特養で働く看護師の主な仕事はバイタルチェックや服薬管理、採血、点滴、介護業務などさまざまです。夜勤がないため生活リズムを保ちやすく、また定時で帰れることからプライベートも大切にできるでしょう。


医療機関とは違ったスキルが求められますが、長く働ける職場として人気を集めています。