業界情報

看護師として上を目指したい方必見!スキルアップする方法・取得したい資格を解説 

記事掲載日:2020/12/08

看護師として上を目指したい方必見!スキルアップする方法・取得したい資格を解説 

「看護師としてもっとスキルアップをしたい」「スキルアップにはどのような方法があるのかな?」などと思っている人はいませんか。

スキルを向上させたいと思う理由は人それぞれです。しかし具体的にどのような方法でスキルアップをしていけば良いのでしょうか。

今回は、看護師としてもっと上を目指したい人のために、スキルアップの方法や取得したい資格を解説します。

看護師としてスキルアップするメリット

看護師としてスキルアップすることには、主に3つのメリットがあります。

1:仕事の質が高まり、より良い看護を提供できるようになる

スキルアップをすれば、当然仕事の質が高まります。看護師本来のスキルが高くなるため、これまで以上に患者さんへより良い看護を提供できるようになるでしょう。

できることが増え、モチベーションも上がっていくはずです。

2:給料アップが見込める

2つ目は給料アップが見込めることです。スキルアップをすれば、昇進や昇格の可能性がグンと高まります。
役職に就いたり資格を取得したりすれば手当てが支給されるため、給料もアップすることでしょう。

3:転職や再就職がしやすくなる

最後は転職や再就職がしやすくなることです。しっかりとスキルアップをしておけば、転職でさらに条件や待遇に恵まれた勤務先に移れる可能性が高くなるでしょう。
また結婚や出産などで一度退職をしても、再就職に有利です。

看護師としてスキルアップする3つの方法

続いてはスキルアップするための方法を、全部で3つ見ていきましょう。

1:勤続年数を重ね、経験を積む

まずは勤続年数を重ねて経験を積むことです。勤務先の病院や診療科で真面目に仕事に取り組んでいれば、働いている分野における看護技術が自然と上がっていくことでしょう。

2:資格を取得する

資格の取得も良いです。看護師に関わる資格がたくさんあるので、資格取得を通してスキルアップが目指せます。
より深い知識を習得し、高い技術を持って患者さんと関われるようになるはずです。

3:転職する

3つ目は転職です。他の医療機関や診療科へ転職することで、仕事の幅がどんどん広がっていくことでしょう。

ただし介護施設や障害者施設、一般企業などの場合は看護師本来のスキルアップは難しいかもしれません。
健康管理業務が主で、処置や手当てなどの看護業務を行う機会が多くないためです。

看護師としてスキルアップするために取得したい資格

資格の取得は形として残るため、スキルアップを客観的に証明できるメリットがあります。看護師が取得しておきたい資格をチェックしていきましょう。

認定看護師

認定看護師とは救急看護や訪問看護、認知症看護などの特定分野において、高い看護技術を持っていると認定される資格です。
現場実践だけでなく、他の看護師への指導や相談も担います。

2020年からは緩和ケアや在宅ケアなど、新たに19の分野が加わりました。
実務研修5年以上の人が認定看護師教育機関で研修を受け、審査に合格すれば資格取得となります。


※詳細は「公益社団法人日本看護協会HP」内、(認定看護師)を参照してください。

専門看護師

専門看護師はがん看護や精神看護などの分野において、高い知識や技術を持つと認められた資格です。

分野数は全部で13あります。

各分野における患者さんやその家族、他のスタッフに対して専門性を持ってサポートをしていきます。

実務研修5年以上、さらに看護系大学修士課程の所定単位を修めて卒業し、審査に合格しなければ取得できません。


※詳細は「公益社団法人日本看護協会HP」内、(専門看護師)を参照してください。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは正式名称を介護支援専門員と呼びます。介護保険法に基づく要介護認定に関する業務、そして介護支援サービスに関する業務を行う職種です。
とくにケアプラン作成はメイン業務となっており、利用者のアセスメントや関係機関との調整などを通して、一人ひとりにピッタリな介護計画を立てなければいけません。


まずは看護師としての実務経験を5年以上積んだ後、試験を受けます。合格後に実施される実務研修を修了すれば、資格取得です。

特定看護師

特定看護師は資格ではありません。カテーテル交換や投薬、ペースメーカーの操作などは本来、医師の判断と指示が必要です。
しかし特定看護師の研修を受けることで、38の医療行為を医師作成の手順書に基づいて行えるようになります。

在宅医療を充実させる目的で創設されました。指定研修機関で研修を受けることで取得できます。

医療環境管理士

最後は医療環境管理士です。感染予防を目的として医療環境を整え、スタッフへの啓発活動などを行います。
感染対策責任者としての役割も期待されるでしょう。試験に合格した後、所定のセミナーを受けることで資格を取得できます。

その他、診療科ごとに役立つ資格・スキル

最後にその他の、診療科ごとに役立つ資格やスキルを紹介します。

整形外科の看護師に役立つ資格

まずは整形外科の看護師に役立つものです。


●日本運動器看護学会認定運動器看護師(JSMNC)

日本運動器看護学会認定運動器看護師とは、運動器分野に特化した看護スキルを活用し、質の高い実践を行うための資格です。
関係職種の連携や、他のスタッフへの指導も役割として求められています。


●骨粗鬆症マネージャー

骨粗鬆症マネージャーは骨粗鬆症に関する知識を持ち、予防や治療に関わるコーディネートを行います。高齢者社会が進む中で、ますます需要が大きくなるだろう資格の一つです。


●回復期リハビリテーション看護師

最後は回復期リハビリテーション看護師です。回復期のリハビリテーションにて質の高い看護実践を行い、患者さんのリハビリテーションをサポートすることが目的となっています。

小児科の看護師に役立つ資格

続いては、小児科勤務の看護師に役立つ資格です。


●小児アレルギーエデュケーター

小児アレルギーエデュケーターはアレルギーに関する知識と技術を習得し、小児科医とタッグを組んで治療に当たっていくための資格です。講習会と試験がそれぞれ2つずつあります。


●思春期保健相談士

子どもから大人になる思春期では体や環境の変化から、さまざまなことに対して不安を抱えがちです。
思春期保健相談士は思春期にある子どもたちから、さまざまな相談を受けるカウンセラーのような役割を果たします。

循環器内科の看護師に役立つ資格

最後は循環器内科の看護師に役立つ資格です。


●循環器専門ナース

まずは循環器専門ナースです。循環器に関する知識と技術を持っていると証明され、高い看護ができるようになります。
所定の研修を受け、さらに試験に合格しなければいけません。


●人工心臓管理技術認定士

人工心臓管理技術認定士は補助人工心臓に関する知識を有し、心臓移植までに関わる患者さんのサポートを行うための資格です。

まとめ

スキルアップをすることで看護師としての仕事の質が高まるだけでなく、給料アップ、そして転職や再就職がしやすくなるメリットが生まれます。

勤務経験を重ねたり、転職をしたりする以外にも、資格取得を通してスキルを向上させることが可能です。

今回紹介した資格・スキルを参考にして、レベルアップを目指してみてください。