業界情報

企業に勤める「産業看護師」とは?仕事内容や働くメリット・注意点を解説

記事掲載日:2020/11/06

企業に勤める「産業看護師」とは?仕事内容や働くメリット・注意点を解説

病院やクリニックなどの医療機関ではなく、企業で働く看護師を産業看護師と呼びます。医療機関とは違った仕事内容や働くメリットがあり、人気のある就職先の1つです。

今回は産業看護師が具体的にどのような仕事をしているのか、メリットや注意点と一緒に解説します。

産業看護師とは

産業看護師は勤務先によって、企業看護師とも呼ばれます。企業内に設置されている健康管理室や医務室などに所属し、主に社員の健康管理や各種相談、健康診断に関わる作業などが主な業務です。

医療機関で働く看護師と異なり、傷の手当てや看護業務などはほとんどありません。

産業看護師の仕事内容

続いては、産業看護師の主な仕事内容を見ていきましょう。

相談や指導などを通した健康管理

まずは健康管理業務です。同じ企業に所属している社員から健康に関する相談を受けたり、健康状態に合わせた各種指導を行ったりします。

後述する健康診断後のフォローも含まれており、一人ひとりが理解しやすいように丁寧な言葉で説明・指導をしなければいけません。

健康診断に関わる一連の作業

2つ目は健康診断に関わる一連の作業です。健康診断がスムーズに行われるように企画から実施、そして診断結果を元にした社員への健康指導を行います。

社員数が多いと一人ひとりの健康診断スケジュールを立てる手間もかかるため、計画的な業務遂行力が必要です。

メンタルヘルスケア

仕事のストレスや疲れから精神疾患の罹患や自殺を防ぐために、メンタルヘルスケアも行います。

社員からの相談に乗って解決策をアドバイスするだけでなく、看護師自らが気になる社員を気にかけて積極的に介入することも大切です。

体調不良者やケガをした人の処置

最後は体調不良者やケガをした人の処置です。仕事中に体調を崩した人や、ケガをしてしまった人に対して手当てなどの処置を行います。

また工場などによっては業務中の大きなケガが想定されるため、あらかじめ起こりうる事故を予測して、緊急時に対応できるように準備をしておかなければいけません。

産業看護師として働くメリット

産業看護師として働くメリットは、主に次の3つです。

日勤のみで、土日祝休みであることが多い

基本的には日勤のみで、土日祝日休みとなっているところが多いです。
一般企業の社員として働くため基本的には日勤です。さらにカレンダー通りの休日となっている会社であれば、土日祝日休みとなるでしょう。

一方、入院病棟がある医療機関の場合は、夜勤を含む変則勤務がほとんどです。生活リズムを崩さずに働きたい人にピッタリです。

体力的負担が少ない

2つ目は体力的な負担が少ないことです。医療機関では患者対応で一日中立ちっぱなし、動きっぱなしとなることが多く、仕事が終わった後はヘトヘトになっていることも少なくないでしょう。
さらに変則勤務となると、生活リズムも大きく狂って、体力的な負担が大きくかかります。

前述したように、産業看護師は処置をする機会は多くありません。基本的にデスクワーク中心となるため、体力面での負担は少なく済みます。

精神的負担が少ない

精神的負担が少ないこともメリットといえるでしょう。医療機関と違って直接的な処置をすることが少ないため、命に関わるような医療ミスを起こす心配がありません。
ある程度はリラックスした気持ちで働けるでしょう。

産業看護師として働く際の注意点

いろいろとメリットが多い産業看護師の仕事ですが、これから働く際は以下の点に注意しましょう。

そもそも求人数が少ない

1つ目は、そもそも求人数が少ないことです。産業看護師を雇用している企業自体が多くないこと、雇用していたとしても1社あたりの雇用数が少ないこと、さらに人気が高いため退職者がなかなか出ないことなどが理由となっています。

看護師専門の転職サイトに登録をして、求人が出るのを待ちましょう。

看護師としてのスキルアップが難しい

2つ目は看護師としてのスキルアップが難しいことです。医療処置や看護業務を行うチャンスが少ない、またはほとんどないため、看護師本来のスキルアップは難しいでしょう。
さらにスキルアップどころか低下する可能性もあるので、医療機関に復帰しにくいといったデメリットもあります。

産業看護師の給料はどのくらい?

これから産業看護師を目指す人にとって気になるのが、給料事情ではないでしょうか。

当サイトがインターネット上で求人情報を調査したところ、年収450万円~500万円ほどでした。パートタイマーの場合は時給2,000円~2,500円ほどです。

もちろん企業や経験年数などによって金額は異なるので、詳細は実際に求人をチェックしてみてください。

まとめ

産業看護師は企業看護師とも呼ばれ、一般企業の健康管理室や医務室に勤務します。
働く社員の健康管理や健康診断に関わる作業、そしてメンタルヘルスケアなどが主な業務です。

医療機関勤務と比べて生活リズムが整いやすく、また体力的・精神的な負担が少ないのは大きなメリットです。

求人は決して多くないため、看護師専門の転職サイトに登録するのがおすすめです。