業界情報

准看護師とは?看護師との違いや准看護師になるメリット・デメリットについて解説

記事掲載日:2020/11/04

准看護師とは?看護師との違いや准看護師になるメリット・デメリットについて解説

高齢化社会がますます進む日本において、介護と同じように需要が高まっているのが看護業界。その看護業界で働く職種の1つが准看護師です。

看護師と同じような業務を行いますが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。
今回は准看護師と看護師との違い、そして資格を取得するメリット・デメリットについて解説します。

准看護師とは

准看護師は各都道府県知事発行の免許を得て、医師や看護師の指示を元に仕事をする職種を指します。働く場所はさまざまで、最も多い勤務先は病院や診療所などの医療機関ですが、そのほかにも介護施設や居宅介護サービス事業所など多岐にわたっているのが特徴です。

近年は看護師の専門性と地位向上の観点から准看護師資格を廃止して、看護師に1本化させる動きがあります。ただし資格が廃止になったとしても、すでに資格を持っている場合は資格がはく奪されるようなことはありません。あくまでも新規養成をストップするということです。

准看護師と看護師の違い

准看護師と看護師はどちらも看護業務を行う職種ですが、具体的にどのような違いがあるのでしょうか。
全部で2つの違いを見ていきましょう。

資格が異なる

まずは資格の違いです。

看護師資格は厚生労働第大臣が発行する国家資格、一方の准看護師資格は都道府県知事が認定する免許です。
国家資格ではありません。

各都道府県知事の試験に合格することで准看護師資格を取得できますが、他の都道府県でも働くことは可能です。

業務範囲が異なる

仕事内容は看護師と同じです。患者の血圧測定や体温測定、点滴や注射の処置、採血、そのほか食事や排泄、入浴介助などを行います。

違う点は業務範囲が異なること。看護師は自らの判断で看護業務を行えますが、准看護師は主体的に行えません。必ず医師や看護師の指示を受けてから、業務を行う必要があるのです。

つまり、仕事内容は看護師と一緒でも、指示を受けて行うかどうかの違いということですね。

准看護師になる方法

これから准看護師になるためには、受験資格を得て准看護師試験に合格する必要があります。
中学校卒業者と高校卒業者の2パターンに分けて、受験資格を得るまでの道のりを解説します。

1:中学校卒業者の場合

まずは最終学歴が中学校卒業の場合です。准看護師養成所や高等学校の衛生看護科、または専門学校に通うことで受験資格を取得できます。

養成所の期間は2年。中学校卒業者であれば、入学試験に合格することで誰でも通えます。全日制のほかに半日制や夜間制もあるので、社会人にも通いやすいでしょう。

高等学校の衛生看護科は、通常の高校で資格取得を目指す場所です。期間は3年間で、中学校卒業者であれば入学試験を受けられます。

専門学校の期間は2年間で、入学資格は准看護師養成所や高等学校の衛生学科と同じです。

2:高等学校卒業者の場合

高等学校卒業者の場合は、前述した准看護師養成所や看護の専門学校を卒業することで受験資格を取得できます。

准看護師になるメリット

准看護師になるメリットはどこにあるのでしょうか。全部で2つ見ていきましょう。

資格がとりやすく、費用も安い

1つ目のメリットは看護師と比べて資格がとりやすく、また費用も安いことです。

看護師資格は専門学校などに3年以上通わなければいけません。また入学要件は高校卒業以上です。

対して、准看護師は准看護師養成所であれば、2年間で取得できます。中学校卒業後すぐに入れるので、期間も短くて済みます。また半日制や夜間制の養成所もあるため、働きながら通えるのも魅力です。

資格取得までの期間が短いということは、その分の費用も安く済むということ。経済的な問題を抱えている人にもピッタリです。

看護師と同様に就職・転職に困らない

就職や転職に困らないのも資格取得のメリットです。小規模病院やクリニックなどを中心に看護職の需要はまだまだ大きいため、仕事探しで困る心配はいらないでしょう。

准看護師になる際の注意点

さまざまなメリットがある准看護師ですが、いくつか知っておきたい注意点があります。

看護師より給料が低め

まずは看護師よりも給料が低めに設定されていることです。年収換算では60万円~100万円近くの差が生じることも少なくありません。

看護師より求人数が少なめ

看護師に比べて求人数が少なめになっているのも注意しましょう。

先に述べたように、近年は准看護師資格を廃止する動きがあります。この動きに伴って求人数は年々減少し、反対に看護師の求人数が増えているのです。

とはいうものの小規模病院やクリニック、介護施設ではまだまだ准看護師の需要はあります。

准看護師から看護師になることは可能?

准看護師から看護師にステップアップする人はたくさんいます。看護師専門学校の2年生課程を卒業し、看護師国家試験に合格すれば看護師資格の取得が可能です。

ただし中学校卒業後に准看護師資格を取得した場合、実務経験3年以上が必要な点には注意してください。

まとめ

准看護師は都道府県知事発行の免許を得て働く看護の職種です。仕事内容は看護師と変わりませんが、医師や看護師の指示を受けて業務を行う点に違いがあります。

中学校卒業後すぐに養成所へ入学できること、早く資格を取得できること、そして費用も安く済む上、仕事探しで困らないのは大きなメリットです。 

興味がある人はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。