業界情報

多職種連携における看護師の役割とは?

記事掲載日:2022/05/31

多職種連携における看護師の役割とは?

看護師の仕事において、多職種連携は必要不可欠です。

医療機関のなかだけでなく、様々な場で活躍している看護師は、特に多職種連携において重要な役割を担っている存在です。また、2025年に厚生労働省は地域包括ケアの実現を目指している実情もあり、さらに多職種連携が重要になってきます。

この記事では多職種連携とその多職種連携における看護師の役割について解説していきます。

▼参考資料はコチラ
厚生労働省『地域包括ケアシステム』

多職種連携とは

nurse role_2.jpg

多職種連携とは、質の高い医療サービスの提供を目指し、異なる職種のスタッフが各々の専門性を活かしながら同一の目標に向かった連携を指します。

もとは医療分野での専門職同士が連携することを指しましたが、近年では保健医療福祉サービスの従事者はもちろん、NPO法人の職員やボランティア団体のメンバーなど、メディカルチームに限らず様々な職種との連携・協力が重視されています。

多職種連携で関わる職種

ここでは、多職種連携で関わる主な職種をあげます。

  • ・医師...病院やクリニック、診療所、在宅など様々な場で診察・診療を行います。
  • ・薬剤師...病院はじめ街中の調剤薬局やドラッグストアにおいて、院内や外来の患者さま、在宅の利用者に対し処方箋に基づく薬の調剤や服薬説明を行います。
  • ・看護師...医師同様病院やクリニック、診療所、在宅など様々な場で患者さまと身近に関わります。患者さまや利用者と関わる時間が長いのが特徴です。
  • ・作業療法士(OT)...病院内で身体的に不自由な患者さまの食事訓練を行うだけでなく、最近は精神科訪問看護ステーションなどの訪問看護の場でも活躍の幅が広がっています。看護師は情報提供を行うなどの連携を行います。
  • ・理学療法士(PT)...運動機能回復を目指す、いわゆる動作のプロです。病院やクリニックをはじめ、最近はOT同様訪問看護の場でも活躍が見られます。
  • ・医療ソーシャルワーカー(MSW)...社会福祉の側から、入院中だけでなく退院し自宅に帰った後も患者さまを支える役割を担っています。
  • ・栄養士...栄養管理や栄養指導を行います。生活習慣病が増えている昨今では、患者さまの食生活の栄養指導はとても重要です。
  • ・ケアマネージャー(介護支援専門員)...要支援者や要介護者の介護サービスを立案したり、介護保険法をもとに社会的側面で支援をしている職種です。在宅の場で看護師との連携は欠かせません。
  • ・介護資格保有者...主に介護施設やデイサービスなどで働いています。介護施設は看護師の人数が少ないため、介護資格保有者との連携は大切です。

他にも役所や地域包括支援センター、NPO法人や民生委員など、地域を支えている機関や人と連携を取る場面もあります。

看護師の業務における連携先は多岐にわたるのです。

▼関連記事はコチラ
地域包括ケアシステムで看護師に求められる役割とは

多職種連携の重要性

nurse role_3.jpg

それぞれの職種は、専門性や働くフィールドが異なります。日本看護協会は、倫理観の相違は連携における課題であると指摘しています。

しかし一方で、立場や考え方が違う点こそが、多職種連携が重要かつ効果的であるという大きな理由のひとつです。

違う視点を持っている専門家が集うことによって、多角的な視点で物事の把握ができます。

また、医師や看護師などのメディカルチームだけではなく、医療ソーシャルワーカーやケアマネージャーなどの社会福祉の視点を交えることで、包括的なケアが可能になるのです。

そのため、地域包括ケアシステムの構築のためには、多職種連携が必要不可欠と言えます。

▼参考資料はコチラ
日本看護協会『多職種連携と倫理』

多職種連携における看護師の役割とは?

nurse role_4.jpg

続いて、多職種連携における看護師の役割について説明します。

看護師は病院内でも在宅の場でも、患者さまと最も多くの時間を過ごすといっても過言ではありません。つまり、情報を多く持っているのも看護師だと言えるでしょう。

そのため看護師は多職種連携において、「他の職種への患者さまの情報提供」が重要な役割になります。

また、訪問看護の現場では、看護師は医療的な面だけではなく、心理面・生活面など、他の視点からの支援が必要になってきます。

患者さまが在宅で抱える悩みは体調だけではありません。役所に申請に行けない方や、介護制度の申請方法がわからない方など、生活面や福祉面でも悩みを抱えています。

そういった悩みを解決するために、役所やケアマネージャー、ソーシャルワーカーなどとの連携も、重要な多職種連携です。

そして、高齢社会である現代では訪問介護の需要が高まっています。そのため看護師は、看護ケアはもちろんのこと、運動機能回復やケガの予防の目的のために理学療法士や作業療法士と連携をとる必要があります。さらに、褥瘡ケアのために医師や機能訓練指導員と連携を取るなど、高齢な患者さまならではの連携も重要になってきます。

訪問看護では、小児の患者さまにも看護を提供します。その場合、家族の不安に寄り添う看護師の心理的側面のケアが重要になるほか、家族や患者さま本人である子どもとの連携も必要です。

専門家だけで話し合うことが多いのが現状ですが、患者さま本人や家族のニーズを確実に把握するためにも、意向をヒアリングすることが大切です。

まとめ

ここまで地域包括ケアシステムにおける多職種連携の重要さと、看護師の役割を解説しました。

時代の流れとともに在宅でのケアが増えていく一方で、地域包括ケアシステムの充実が重要視されていきます。その中では患者さまのそばにいる看護師が、多職種連携の繋ぎ手となる必要があります。

円滑な連携のためにも、今後は他職種への理解を深め包括的なケアを行う意識が重要です。

株式会社メディカルリソースが運営する看護師の求人・転職サービス『ナースステップ 』では、看護師の様々なキャリアに関する悩みや相談について、専門の医療コンサルタントが多くの看護師を支援。地域密着で、休日、給与などに関する労働条件だけでなく、「求人票にはない生の情報」を伝えることを大切に、看護師に寄り添った転職活動をサポートしています。