業界情報

有料老人ホームで働く看護師の仕事とは?働くメリット・注意点や給料について解説

記事掲載日:2021/02/22

有料老人ホームで働く看護師の仕事とは?働くメリット・注意点や給料について解説

看護師が働く数多くの職場の中で、高い人気を誇るのが有料老人ホームです。病院やクリニックとは少し違った、看護師にとって魅力的なメリットもたくさんあります。

今回は、有料老人ホームで働く看護師を取り上げて、仕事内容や働くメリット、注意点、そして気になる給料事情について解説します。

有料老人ホームとは

有料老人ホームとは高齢者が入居をして生活するための施設です。民間企業や団体が運営しており、入居基準や費用、そして具体的なサービス内容はホームによって大きく異なります。

医師の常駐は義務ではないため、配置していないホームがほとんどです。

入居者はどんな方?

有料老人ホームの入居者はホームによってさまざまです。介護サービスがないホームでは、身の回りのことは自分でできる人が入居していますが、介護付きのホームでは食事や着替え、排泄などで介護を必要とする人が入居しています。

介護付きのホームでは、終の棲家として入居をしている人も多くいます。

老健・特養との違いは?

有料老人ホームと似た施設の中に、老健(介護老人保健施設)と特養(特別養護老人ホーム)があります。

老健は在宅復帰を目的としてリハビリをする施設のため、ずっと入居はできません。

特養は24時間体制で介護サービスを受けられる施設です。介護保険法に基づく施設のため利用料もリーズナブルですが、一般的には要介護3以上と常に介護を必要とする人が対象です。



●老健(介護老人保健施設)

運営:地方公共団体・医療法人・社会福祉法人
介護度:要介護1~5
入居目的: 在宅復帰を目的としたリハビリ
医師:常勤で配置



●特養(特別養護老人ホーム)

運営:地方公共団体・社会福祉法人
介護度:基本的には要介護3~5
入居目的:介護を受けながら生活を送る
医師:配置(非常勤でもOK)

有料老人ホームで働く看護師の仕事内容

有料老人ホームで働く看護師は、どのような仕事を行っているのでしょうか。主な仕事内容を全部で3つ見ていきましょう。

入居者の健康管理業務

体温や血圧などのバイタルチェック、体調確認、内服薬や軟膏の投与など、入居者が健康に生活を送るために必要な業務を行います。

医療行為

胃ろうや痰吸引、インスリン注射など医師の指示に基づいて必要な医療行為をします。

通院介助や入退院の介助

入居者が通院や入退院をする場合、付き添って必要な介助やサポートを行います。

有料老人ホームで看護師として働くメリット

有料老人ホームで働くことには、医療機関とはまた違ったメリットがあります。

ワークライフバランスを保ちやすい

有料老人ホームは看護師を24時間配置する義務がないため、看護師は日勤のみとしている施設も少なくありません。

残業も少なく定時で退勤できることが多いので、プライベートの時間を大切にしたい人にピッタリです。

体力的な負担が少ない

医療機関では仕事量が多く、絶えず立ちっぱなしや動きっぱなしとなることは珍しくありません。患者の世話など肉体労働もたくさんあります。

有料老人ホームは生活施設のため、あまりバタバタと忙しくなることはありません。また介護は介護スタッフが担ってくれるため、体力的な負担は少なくて済みます。

入居者と長く関わり、支える看護ができる

有料老人ホームに入居している人の多くは、終の棲家として生活していることが少なくありません。病院のように患者が頻繁に入れ替わるようなことがないため、一人ひとりの入居者と時間をかけてじっくり関われるのは大きなメリットといえるでしょう。

有料老人ホームで働く際の注意点

有料老人ホームで働く際の注意点をチェックしていきましょう。

施設に医療従事者が少ないため、責任が大きい

前述したように有料老人ホームでは、医師の常駐が必須ではありません。ホームによっては看護師の数が少ないため、人によってはプレッシャーや責任の大きさを感じることでしょう。
とはいっても、同じホーム内や法人内の看護師同士で協力し合える体制が整っていたり、対応マニュアルがそろっていたりする施設が多いので、必要以上に不安にならなくても大丈夫です。

看護師としてのスキルアップが難しい

ホームの入居者の多くは大きな医療を必要としないことが多いため、看護師本来の看護スキルを向上させる機会は少ないかもしれません。

夜勤やオンコールを要する施設もある

24時間看護師常駐を売り文句にしているホームでは、当然のことながら看護師も夜勤を行わなければいけません。

また、夜勤がない施設の場合、日勤の看護師が交代でオンコールをすることが一般的です。オンコール担当となった日は携帯電話を持ち、夜間も含めていつでも対応できるようにする必要があります。

有料老人ホームで働く看護師の給料はいくら?

最後に、気になる有料老人ホームで働く看護師の給料事情を紹介します。

ナースステップで求人を調査(2021年1月時点)したところ、正社員で月給25万~35万円ほどが相場でした。夜勤やオンコール対応がある場合、さらに手当てが加算されていきます。

まとめ

有料老人ホームで働く看護師は入居者の健康管理業務のほか、胃ろうやインスリン注射などの医療行為も含まれます。
夜勤や残業がない施設も多いため、ワークライフバランスを大切にしたい人にもおすすめの職場です。
気になった人は一度求人内容をチェックしてみてください。