業界情報

内視鏡室の看護師とは?仕事内容や働くメリット・注意点、給料について解説

記事掲載日:2021/01/22

内視鏡室の看護師とは?仕事内容や働くメリット・注意点、給料について解説

看護師が働く場所はさまざまあり、同じ医療機関の中でも配属先によって、業務内容は異なるのが普通です。

内視鏡室も看護師が活躍する場所のひとつです。

今回は、内視鏡室で働く看護師の仕事内容について、働くメリットや注意点、そして気になる給料事情と一緒に解説します。

内視鏡室ってどんなところ?

内視鏡室は胃カメラや大腸カメラなどを使って、各種の検査や治療を行う部署のことです。以前は内視鏡による検査のみが主流でしたが、医療技術が発展した現在では内視鏡を活用した手術まで行うこともできます。

消化器内科や大腸・肛門外科、胃・食道外科、そして肝胆膵外科などさまざまな診療科における検査や治療を担っているのが特徴です。

内視鏡検査の需要は、今後増えていくと予想される

内視鏡検査の需要は、今後もますます増えていくことでしょう。患者にとって負担が少ない治療法として注目を集めており、幅広い分野で活用されています。

以前は大きな病院で行われることがほとんどでした。しかし最近は小規模のクリニックでも内視鏡の設備を持ち、健康診断でも用いられるほどです。

また内視鏡センターや内視鏡科の設置も増えており、今後ますますニーズは大きくなっていくことと予想されます。

内視鏡室で働く看護師の仕事内容

内視鏡室に配属された看護師は、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。
主なものを3つ紹介します。

機材のセッティングや洗浄、片付けなど

内視鏡の検査や治療がスムーズに進むように、事前に使用する機材をセッティングします。必要となる物品をチェックしてセッティングし、終了後は洗浄や片付けをしなければいけません。

患者への説明や鎮痛剤、麻酔の投与

初めて内視鏡の処置を受ける患者は不安も大きいもの。安心できるような言葉を交えて検査・治療内容を説明するのも、看護師の仕事のひとつです。また鎮痛剤や麻酔を投与して、検査や治療に備えます。

医師のサポート

最後は医師のサポートです。検査や治療を行っている医師の指示に従って、各種介助や記録などのサポートを行います。

内視鏡室の看護師として働くメリット

内視鏡室で働く看護師には、他の診療科にはないメリットがあります。どのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

ワークライフバランスを保ちやすい

まずはワークライフバランスを保ちやすいことです。
内視鏡室で行われる検査や治療は基本的に予約制です。急患を受け入れることはないため、残業を求められることはほとんどありません。

定時出勤・定時退勤できる職場が多いので、ワークライフバランスを大切にしたい人にピッタリです。

基本的にルーティンワークのため、仕事が覚えやすい

内視鏡室の業務内容は、ルーティンワークが多いのが特徴です。機材のセッティングや鎮痛剤・麻酔の投与、洗浄、片付けと、ある程度決まったパターンで行われます。

仕事が比較的覚えやすいのは大きなメリットでしょう。

転職やブランク明けの復帰がしやすくなる

最後は転職やブランク明けでも、復帰しやすくなることです。内視鏡室の求人をチェックしてみると、経験者を募集しているところが少なくありません。

前述したように、これからますますニーズが増える分野のため、経験があれば復帰もしやすいといえるでしょう。

内視鏡室の看護師として働く際の注意点

内視鏡室勤務で実際に働く際は、いくつかの注意点を理解しておきましょう。

技術の進歩に合わせて、勉強し続ける必要がある

内視鏡は常に技術革新が行われている分野です。研修会への参加だけでなく、書籍などを通して自分でも勉強を続けていかなければいけません。

患者と関わる機会が少ない

2つ目は患者と関わる機会が少ないことです。病棟勤務の看護師と比べて、一人ひとりの患者と関わる時間は多くありません。
仕事もルーティンワークが多いため、患者それぞれにじっくりと寄りそった看護をしたい人には少しもの足りないかもしれません。

病院によってマニュアルが異なる

最後は病院によってマニュアルが異なることです。同じ内視鏡室でも細かい手順やルールは病院ごとに異なるため、転職をした際は新しいマニュアルを最初から覚え直す必要があります。

内視鏡室で働くなら、取得を目指したい2つの資格

これから内視鏡室の看護師を目指すのであれば、次に紹介する2つの資格取得を考えてみましょう。
資格取得は必須ではありませんが、スキルアップにつながります。

消化器内視鏡技師資格

ひとつ目は消化器内視鏡技師資格です。内視鏡をはじめとする機材の管理や整備、そして医師による検査や治療の介助などが主な業務となっています。

資格を取得するためには、まず消化器内視鏡部門で専門医による指導のもと、2年以上実務経験を積まなければいけません。さらに所定の講習会や講義、学会などに出席し、書類審査、学術試験、そして口述試験をパスする必要があります。

カプセル内視鏡読影支援技師

2つ目はカプセル内視鏡読影支援技師です。医師の指導の元に、カプセル内視鏡の画像診断をサポートするものを指します。

資格取得のためには日本カプセル内視鏡学会の教育カリキュラムを受け、さらに指導医のもとで小腸用カプセル内視鏡検査の画像診断支援を、年間で10症例以上経験することが必要です。

内視鏡室で働く看護師の給料相場

最後に内視鏡室で働く看護師の給料相場をチェックしていきましょう。

ナースステップで求人を調査(2020年12月時点)したところ月給25万円~、年収換算で350万円~でした。残業や夜勤業務がないところが多く、その分、他の診療科勤務の看護師よりは給与水準が低めです。

ただし外来勤務の中では平均的な金額で、ワークライフバランスも大切にできるのは大きなメリットといえるでしょう。

まとめ

内視鏡室に勤務する看護師は内視鏡などの機材のセッティングや患者への説明、鎮静剤や麻酔の投与、そして医師の検査・治療介助を行います。

ルーティンワークが多いので仕事が覚えやすく、残業がほとんどないことからワークライフバランスを大切にできるのはうれしいですね。
また今回紹介した資格を取得することで、看護師としてのキャリアも伸ばしていけるでしょう。