業界情報

診療看護師(NP:ナースプラクティショナー)とは?できる仕事の範囲や給料相場を解説

記事掲載日:2021/05/24

診療看護師(NP:ナースプラクティショナー)とは?できる仕事の範囲や給料相場を解説

診療看護師(NP)という言葉はご存じでしょうか?看護師にとってたくさんあるキャリアアップの方法のなかで、もっとも難しいもののひとつといわれています。資格取得が難しい分、より看護師として活躍したい人にはぴったりな職種といえるでしょう。

今回は診療看護師に焦点をあて、できる仕事の範囲や気になる給料相場などを徹底解説します。

診療看護師(NP)とは

診療看護師は、Nurse Practitioner(ナースプラクティショナー)のことを指します。ナースプラクティショナーや、略してNPと呼ばれることもありますが、日本では診療看護師と表記されるのが一般的です。

医師があらかじめ作成した手順書に沿って、特定行為を単独で行えます。特定行為は、気管カニューレの交換や、末梢留置型中心静脈注射用カテーテルの挿入、インスリンの投与量の調整など21区分38行為にもおよびます。

高齢化社会による医療ニーズの増加、そして医師不足が叫ばれている現代で、診療看護師への期待が高まっているといえるでしょう。

日本とアメリカでは診療看護師の意味が異なる

診療看護師制度は、もともとアメリカでスタートしました。医師がいない僻地において、医療を担保するために作られました。

日本の診療看護師とのもっとも大きな違いは、裁量権の広さです。アメリカの診療看護師は初期診療による診断、処方や投薬、そして医師の手順書がなくても手術以外の医療行為を行えます。また開業も可能です。

診療看護師(NP)の仕事内容

診療看護師は、具体的にどのような仕事をしているのでしょうか。主な仕事内容をチェックしていきましょう。

医師の直接指示による診療の補助

医師の直接指示による診療の補助です。通常の看護師も行っている業務内容です。医師から直接指示を受けて患者への採血や静脈注射、点滴、投薬、医療機器の操作、各種の処置などを行います。治療がスムーズに進むように、医師の診察・診療をサポートします。

医師の手順書に基づく特定行為

前述した特定行為です。特定行為は診療看護師の資格をもった者以外は行えません。決められた範囲ではあるものの、医師による直接指示を待たずに処置ができるので、患者にとっては大きなメリットとなるでしょう。

医師と看護師をつなぐ

診療看護師には医学や看護に関する豊富な知識とスキル、そして経験が求められます。現場の看護師からは相談がしやすく、頼りになる存在と思われていることも少なくありません。医師と現場の看護師がうまく連携をして業務が進むように、両者をつなぐ役割も期待されています。

看護師の教育

豊富な現場経験年数をもっていることから、経験年数の少ない看護師の教育を担うこともあります。

診療看護師(NP)になる方法

つづいては、診療看護師になるための方法をご紹介します。一般的には次の3ステップで取得することが可能です。

1:看護師としての実務経験を5年以上積む

まずは、看護師としての実務経験を5年以上積みましょう。

2:大学院に2年間在籍し、卒業する

実務経験を5年以上積んだら、大学院に2年間在籍しなければなりません。大学院は日本NP教育大学院協議会が認定している場所に限られ、2021年4月時点で全国に11ヶ所が設置されています。カリキュラムは医学や看護学、特定行為についてなどです。

フルタイムで通う必要があることから、看護師の仕事を続けながら通うのは難しいでしょう。退職や休職をして通うことになります。

3:NP認定試験に合格する

大学院を無事に卒業して修士の学位を取得したら、NP認定試験を受けます。試験は筆記のみです。プライマリ・ケア(成人・老年)、プライマリ・ケア(小児)、クリティカルの各領域からひとつを選択して受験します。

試験に合格すると国立病院機構に診療看護師として認定され、認定看護師として働くことが可能です。ただし、資格は5年ごとに更新しなければなりません。更新には試験や研修などは不要で、認定看護師としての実績や労働時間を申請するだけで大丈夫です。

診療看護師(NP)の給料相場

最後に診療看護師の気になる給料相場をみていきましょう。当サイトが求人情報を調査したところ、正社員求人で月収は34万円~44万円ほどが相場でした。

多くの医療機関では通常の看護師給与に、診療看護師の資格手当をプラスする給与形態を採用しています。資格手当は約5万円~6万円です。つまり看護師よりも5万円~6万円ほど、月収が高くなります。夜勤手当がつく場合は、さらに月収が上がっていくでしょう。

まとめ

診療看護師は、ナースプラクティショナーのことです。医師があらかじめ作成した指示書に従って、気管カニューレの交換や、末梢留置型中心静脈注射用カテーテルの挿入などの特定行為を、看護師単独で実施できます。

資格取得のために、大学院へ2年間通う必要があるのはたしかに大変です。しかし高度な知識とスキルを習得し、看護師としての裁量が広がることは、大きなキャリアステップとなることでしょう。